結婚をしたいという気持ちはあったのですが、相手がいませんでした。

結婚をしたいという気持ちはあったのですが、相手がいませんでした。

社会人になってから同性ばかりの職場だったので、出会いのきっかけというのがなく気づいたら結構な時間がたっていたのです。

周りの友達も結婚している人のほうが多くなっていて、結婚をしていない友達も相手はいるという状態でした。

自分だけが完全に取り残された状況となっていて、このままでは婚期を逃してしまうかもと不安になってしまったのです。

友達は焦らなくても大丈夫だと言ってくるのですが、それは相手のいる人の余裕のある発言でありその言葉通りにししていたら、取り返しの付かないことになってしまうと思いました。

その段階になって婚活を始めようと思い、まずは情報収集をすることにしたのです。

婚活という行為自体は知っていたのですが、一体何からすれば良いのかがわからなかったのでやるべきことを知るところから始めました。

すると、いろいろな方法があるということがわかったのでひとつひとつ試してみることにしたのです。

まず始めたのは婚活パーティーに参加をしてみるということで、結婚を希望している人達が集まる場だけに気軽にできるものの中では結婚相手を見つけやすい方法だと感じました。

最初は結婚相手を探している人たちの集まりということで、多少身構えていたところはあったのですが全体的にはリラックスしたムードで交流を深める場だったので少し安心しました。

しかし、やはり結婚を前提として考えている人の集まりだけに半端な気持ちの人は、関心を持たれないという印象を受けました。

婚活パーティーは感触は悪くなかったのですが、巡り合わせが悪かったのかこの人だという人には当たりませんでした。

それと並行して行っていたのが、SNSを利用した婚活で最近ではSNSを通じて人脈を広げることができるということで、試してみることにしたのです。

ただ、全くつながりのない人と出会おうとは思わずに高校や大学時代の友達などのつながりから、良い相手が見つからないか人脈を増やしていったところ高校時代の同級生と知り合うことになってそこから交際が始まったのです。

結婚を考えているといったわけではありませんが、年齢的にも相手もその気になって交際をしてくれたのでこれはいけるかなと思うようになりました。

共通点のある二人だけに打ち解けるのも早くて、次第に仲は深まっていくことになり交際は順調に進みついに結婚に至るまでになったのでした。

将来結婚を誓い合っていたのに・・・

大学で付き合っていた彼女と、就職した後も付き合ってましたが将来結婚を誓い合っていたのに、仕事が忙しかった事もあり次第に疎遠になり、いつの間にか自然消滅をしました。

仕事が忙しくて、働いて家に帰って寝るという繰り返しで、恋愛にかまけている時間的な余裕もなく30歳を超えてました。

この頃になるとやっと自分の自由な時間を持てるようになり、婚活を始めました。

何をやっていいのか解らなかったので、取り敢えず大学時代の友人や会社の同僚に相手がいないか相談しましたが、30を過ぎたおっさんだったので、中々相手を紹介してもらえませんでした。

会社の後輩に誘われて、合コンにも行きましたが、相手の女性がほとんど10歳近く若いので、会話がかみ合いませんでした。

ネットで街コンなら出会いがあるとブログに書かれていたので、何回か参加してみましたが、女性の方は結婚相手を探すよりも、タダで食べ物が食べられるから参加しているだけだと気付き他の方法を探しました。

結婚相談所も考えましたが、なんとなく周りに気付かれるのが恥ずかしかったので躊躇してましたが、このままでは一生独身で、寂しい老後を迎える事になると思ったので、会員数が多い大手の結婚相談所に入会しました。

入会すると、プロフィールシートや履歴書を書く紙が送られてきたので、就職試験依頼に現在の自分の自己分析をして休日に2日掛けて、取って置きのかっこよく撮れた写真を貼って送りました。

2週間ぐらい経った頃に、結婚相談所からマッチングされた女性会員の顔写真が貼られたプロフィールが3人分送られてきました。

その中の顔写真や趣味を見ていて、1人の女性に興味を持ったので、結婚相談所に連絡したら、相手の女性と日程を調整して週末にお見合いする事になりました。

お見合いをしたことが無かったので、結婚相談所の担当に相談すると、一緒にお見合いに着ていく服装を選んでくれる事になりました。

今まで行った事がない、繁華街のセレクトショップでお見合いのコーディネートをしてくれて、結婚相談所で、明日のお見合いのリハーサルを別の女性スタッフと一緒に2時間ぐらいやってくれました。

お見合いの当日には、がちがちに緊張してましたが、スタッフさんが初めに立ち会ってくれたので、初対面の相手でしたが、緊張せずに話せました。

途中で、スタッフさんが外れて、二人っきりで趣味の話やお互いの思い出話で気に入ったのでお付き合いする事になりました。

今は、彼女と結婚を前提として付き合ってます。

軽い気持ちでインターネットのアンケート

私が始めて婚活をしたのは24歳のときであり、そのときは軽い気持ちでインターネットのアンケートに答えただけで、本格的に始めようという気持ちはなかったです。

ただ、お金はかかりますが恋人とか異性の友人はほしいなと思っていましたし、なかなか出会いがなくて少しあせっていた気持ちもあったので、そのままアンケートに答えた婚活サイトに登録することにしました。

それからはできる限り自分をアピールしながら正直な情報を記載していたのですが、どうにも連絡をくれる人たちが胡散臭く見えてしまってなかなか話が続かないということが多かったですし、実際に会ってみてもそれ以降は会わないということが多かったです。

というのも、私自身の仕事が不規則でなかなか相手との予定が会いにくかったですし、イベント関連の情報は着ていましたが仕事で参加できないということが多かったので、結果的には普段と何も変わらない婚活になっていました。

また、自分のプロフィールに関して色々アドバイスをしてもらったのですが、それでもなかなか相手が見つかりにくかったですし、「若いから相手からの希望も多い」というアドバイザーの言葉を鵜呑みにしてしまっていたので、そこまで自分からアプローチができなかったというところも大きな班員になっていたのではないかと今では思います。

結局お付き合いにこぎつけた相手もおらず、そのまま2年ほど利用してからお金のムダではないかと思うようになり、そのまま退会することになりました。

返金制度があると聞いていたのにほとんどお金が返ってこなかったり、結局婚活らしいことができなかったということで私の中では失敗談としていい経験になった出来事でした。