結婚相談所 奈良

姉の入院がきっかけで・・・

私が婚活を始めるきっかけになったのが、姉の入院がきっかけでした。

姉は、一人暮らしだったため入院しているときの着替えの準備や入院中の世話を近くに住んでいる私が親に頼まれて行いました。

私も姉もあまり結婚願望がなく、一人で気ままに暮らせる生活を気に入っていました。

しかし、入院して精神的に弱った姉を見ていると、やはりいつまでも若いままではいられないから、家族はもった方がいいなぁと思いはじめました。

姉は、一流企業に勤務しているため、福利厚生がしっかりしているため、入院中も休業補償をしてもらい退院後はすぐに復帰できました。

しかし、私はフリーのイラストレーターをしているため、もし姉のように病気で仕事ができなくなったら、すぐに生活が苦しくなります。

それを考えると経済的に安定した人と結婚したいと考えるようになりました。

私の周囲にいる同年代の独身の異性は、私と同じ不安定なフリーの仕事をしている人が多いため、婚活で相手を探すことにしました。

最初は、姉の会社の人を紹介してもらおうかと頼みましたが、姉は以前友人に同僚を紹介したときにうまくいかなくなったことがあり、友人とも同僚とも気まずくなった過去があるため、断られました。

ネットで婚活の種類や方法を調べてみると、一番経済的に安定した身元のしっかりした人と出会えるのは結婚相談所がよいことがわかりました。

しかし、結婚相談所は、入会金や月会費などで20万から30万ぐらいお金が必要になることを知り、断念しました。

友人に相談すると、大阪にある昔ながらの個人の仲人さんが行っている結婚相談所を紹介してもらいました。そこは、もともと生命会社の保険勧誘員を行っていた女性が、そのときに培った人脈を活かして趣味の延長で結婚のお世話をしている小さい会社でした。

女性からは入会金として3万円程度もらうだけでそれ以外の月会費などはとらない制度のため、私でも支払うことができました。

会社は、大阪駅の近くにあるビルの一室にありました。

元生命保険の勧誘をされていた社長さんは、人当たりが柔らかくて信頼できそうな人でした。

そこの一室で簡単なプロフィールと事前に用意するようにいわれていた書類を渡して契約成立しました。

書類は、戸籍謄本と学歴証明書の2通でした。

契約に関する手続きが終わったら、さっそく希望する相手の好みや条件などを聞かれました。

私は、経済的に安定した人で私のイラストレーターの仕事を結婚後も続けることを承諾してくれる人を希望条件にしました。

その後、社長さんはいくつか男性会員のプロフィールが掲載されたファイルを私に見せてくれて、その中から気に入った人と来月ぐらいにお見合いのセッティングをしてもらうことになりました。

私が選んだ人は、高校で美術教諭をしている2つ年上の男性でした。

その場で社長がお相手の人と連絡をいれてくれて、すぐに日程が決まりました。

お見合いは、大阪駅の近くにあるホテル内のカフェで行うことになりました。

お見合いのときはワンピースやせめてスカート姿がよいといわれていたので、前もって買ったばかりのベージュのワンピースを着て行きました。

仕事では、汚れてもいいようなデニム姿が多かったため、久しぶりにワンピースを着たのですごく緊張しました。

社長は、お見合い相手の男性を連れてきて、最初の15分だけ同席した後、会社に戻っていきました。

最初は緊張していましたが、お互い絵に関連した仕事をしているため、徐々に好きな絵画の話などで会話が弾みました。

その日は、ホテルのロビーで2時間ほどお茶をして帰りました。

後日、社長にお相手との交際を希望する旨を伝えました。

その後に、社長を通じてお互いの電話番号を交換することになりました。

次回は、神戸の県立美術館にデートする予定になっています。

遊んでばかりいた自分

それまで独身貴族を気取って遊んでばかりいたのですが、やはり結婚をして家庭を持つというのも良いなと思うようになり結婚願望が湧いてきました。

今まで付き合った女性は数多くいたのですが、結婚を考えるような相手はいませんでした。

自分にはそのような相手とは巡り会えないのかなと思いはしたのですが、いまさらながら婚活というものを始めて見ることにしました。

割と女性と出会う事自体は余裕だと思っていたのですが、遊び相手ではない本気で結婚を考える相手を見つけるというのは簡単なものではなく、一体どうすれば良いのだろうかと思ってしまいました。

まさか、いきなりであって結婚をしてくださいというわけにも行きませんし、本気で女性と付き合ったことがなかっただけに、婚活は結構苦戦することになりました。

それでも、自分の場合には比較的出会いだけは豊富にありましたから、遊んでいて楽しい相手よりも家庭的で一緒にいて癒やしてくれそうな女性を探したところ、その理想にあった相手を見つけることができたのです。

幸いにして相手も自分のことを好いてくれたようで、結婚を意識して付き合うことができる相手が見つかったというのはとても幸せなものでした。

そうなると、今までとは違って他の女性が気になったりすることもなく、こいつと一緒に生きていきたいという気持ちが芽生えて、プロポーズをしてみると見事結婚に漕ぎ着けることができたのです。

途中紆余曲折はありましたが、今では幸せな家庭を築くことができ満足しています。

婚活居酒屋&婚活BAR

私は、大阪のレディース靴の製造と卸売業を行っている会社に勤務しています。

仕事柄、会社の8割以上が女性の社員が多いため職場では出会いがありませんでした。

友達や知人にように何度か大阪周辺で開かれる婚活パーティーにも参加したことがありますが、その場限りの出会いが多く、なかなか交際まで発展する出会いには恵まれませんでした。

パーティーや合コンにも飽きてきた頃に、学生時代の友達に大阪周辺にある婚活居酒屋の存在を教えてもらいました。

友達が何件か通っている婚活バーや居酒屋では、婚活デーになっている日に女性2人以上で来店すると男性客と相席になるそうです。

そこで、相席になった男性客とお酒を通じて仲良くなれる仕組みで、合コンよりも気軽に参加できるそうです。

友達がよく通っている居酒屋では、その婚活デーに来店すると割引券がもらえるうえ、相席した男性客に全額食事代をおごってもらえたこともあったそうです。

堅ぐるしいお見合いパーティーに疲れていたので、好きなお酒が安く飲めるのはお得だと思い、出会い目的よりも飲み目的で参加するようになりました。

紹介してくれた友達は、昔は結婚相談所に入会して活動していたことがあったそうですが、お見合い特有の堅苦しい雰囲気が馴染めず、最近は休会しているそうです。

友達も私と同じく、お酒が大好きなのですが、お見合いの席で出会う男性は、お酒が弱い人が多いうえ、酒豪の女性をあまり好ましく思わない人が多かったそうです。

最初は、おしゃれな創作居酒屋に行きました。

店内に入るときには、店員さんに店内のシステムの仕組みについての簡単な説明を受けました。

最初に相席になった男性客は、酒造メーカーに勤務している営業をしている人たちでした。

出会った場所の創作居酒屋にも自分たちの会社のお酒を卸しているつながり、週に1回程度飲みに来ていると話してくれました。

お酒の営業をしているだけあって、お酒の豆知識なども教えてもらい楽しかったです。

学生時代の合コンのように盛り上がりました。私たち以外のテーブルも盛り上がっていたようで、店内全体が活気づいていました。

料理は、金額が計算しやすいようにコースになっていて、一番安いコースが1000円で、高いものでも3000円ぐらいでした。

席は、時間制になっていて、その日は2時間経つと男性客は別の女性グループの席に移動するか、お会計を済ませて退店するか決めることになります。

その営業の男性組は、明日は朝早くから取引先に出かける用事があるそうで、帰って行きました。

私たちは、まだ飲み足りなかったので、別の婚活バーに行って飲み直すことにしました。

創作居酒屋では、退店するときに次回も使える1000円割引のチケットをもらえました。

バーの方は、居酒屋とはまた雰囲気が違い、静かなで落ち着いていました。

そこでも、ほかの男性客と相席になりました。

バーで出会った男性客は、2人で大学の助教授をしている人たちでした。

さきほど出会った営業マンとはまた雰囲気が違い、どちらかというと聞き上手で私たちが話していることが多かったです。

そこのバーでは、女性客はカクテルであれば、3杯までは無料になっていたのが嬉しかったです。

私は、マティーニとカシスオレンジ、キールを注文しました。

私は、お酒が飲めることが嬉しかったのであまり出会いには執着していませんでしたが、一緒に来ていた友達はバーで知り合った男性の何名からか連絡先を聞かれていました。

後日、友達は、バーで連絡先を交換した人のうちの一人と交際することになったそうです。

ネットで調べると、一人参加限定のバーや居酒屋もあるみたいなので、今度はそこに参加してみようかと考えています。